留学情報

久しぶりに留学から帰ってきた時に思う、日本とアメリカとの違い! 〜留学情報〜

アメリカ国旗

久しぶりに日本に帰ってきました!

災害続きで帰ることを不安に思っていたのですが

地元に帰ってみたら、

こっちはあまり被害がなかったようで安心しました。

 

今回は、帰国後に気づく日本とアメリカの違いにフォーカスして

紹介していきたいと思います。

 

海外に行ったことのある人は、

日本に帰ってきたときに色々感じると思います。

 

特に、【トイレ・車の運転・買い物・WIFI】

これ4つの違いを大きく感じたので

私の感じたことをご紹介します。

 

帰国時に思う日本とアメリカの違い【トイレ】

飛行機から降りて、最初に寄るところは

税関ではなく、トイレです。

ここで、「あぁ、日本に帰ってきたんだな」と感じます。

個室ようなトイレ、綺麗に清掃されたフロア、

そして、ウォシュレット

これだけで、日本を感じます。

 

では、アメリカのトイレはどんなものなのか。(男性のトイレ)

  • 日本のように完全な個室ではない。
  • 汚いところが多い。
  • 当然ウォシュレットはない

 

【日本のように完全な個室ではない】

 

小をするところは、対して変わらないと思います。

あえていうならば、大きさが違うので

日本に帰ってくると小さく感じます。

 

そして、便座のあるところ。

アメリカはこれが個室ではありません。

もちろん、見えないように壁やドアがありますが

下が空いているので、隣の人の足が見えます(笑)

上も空いているので、背が高い人なら立ったら隣の人が

見えるんじゃないかというくらいの高さです。

 

【汚いところが多い】

 

日本のトイレは、どこに行っても綺麗です。

スーパー、学校、ショッピングモールなど

どこに行っても不快な気持ちになることはありません。

ですが、アメリカだと

結構汚いところが多いです。

掃除用具が出しっぱなしのとこや

便器に明らかに靴の跡があったり、流してなかったり

ひどいところだと便器に○○○があります。

 

もちろん、綺麗なところもあります。

ホテルや、高級店の多いショッピングモールなどの

トイレは綺麗でよかったです

 

【当然ウォシュレットはない】

 

日ごろから、ウォシュレットも使っている人は

慣れるまで大変だと思います。

私もアメリカ留学の初期は、お尻が痛くなりました。

今は慣れてしまいましたが、

それでも、日本に帰ってきたときにトイレ行くと

ウォシュレットを使った時の感動は忘れられません。

 

海外でも普及すればいいのになと思いますが

治安の関係で普及できないんではないかと

私は思います。

きっと、取り付けてもきっとすぐ盗まれます。

 

帰国時に思う日本とアメリカの違い【車の運転】

 

では、日本とアメリカの車の運転事情を紹介します。

アメリカでも、それほど都会のところに住んでいなかったので

車は毎日運転していました。

 

毎日運転していたので、日本に帰ってきてから

運転すると結構間違います。

メモ

  • 車線
  • 運転席の位置
  • ウインカーとワイパー
  • 線路

 

まずは、車線

これすごい危ないんですけど、

日本に帰ってきて数日は間違いそうになります。

左側を走らなければいけないのに、右側に走ってしまいます。

前に車が走っていればいいのですが

車が一台も通ってない通りだと間違いやすいです。

 

次に運転席、位置がアメリカの車と日本の車で逆なので

これも間違いやすいです。

「今日は運転するよ」って車のカギをもって

意気揚々と助手席のドアを開ける。

これよくあります。

 

そして、ウインカーとワイパー

位置が、アメリカの車と日本の車で逆なんので、

曲がろうかなっと思ってウインカーつけようと思ったら

ワイパーが動く。なんてことは頻繁に起こります(笑)

 

最後に、線路ですね。

アメリカだと止まらなくていいので

日本でもついそのまま通り抜けそうになります。

危うく、減点されるところでした。

 

 

帰国時に思う日本とアメリカの違い【買い物】

 

買い物の仕方も日本とアメリカでは、かなり違いますね。

アメリカは、カード社会なので

ちょっとした買い物でもカードを使います。

 

カードと言っても、クレジット用とデビット用があるので

クレジットカードの後から引き落とされるのが嫌いな人は

デビットカードを使う人が多いです。

このカードならば、使ったその瞬間に銀行から引き落とされるので

自分の使った額が把握しやすいです。

 

あとは、日本ではあまり会計で待たされることがありません。

アメリカだと、お客さんが会計に並んでいても

店員さんがあまり急ぐことはありません。

むしろ、並んでいるのにお客さんと長話を始めたりし

待たされることもしばしば。

 

日本だと、ちょっと人が並んでいると

パッとほかの店員さんがきて、会計をしてくれます。

これには感動です。

 

帰国時に思う日本とアメリカの違い【WIFI】

 

日本には「無料WIFI」が少なすぎる。

 

正直これは、早くどうにかしてほしいです。

アメリカだと、結構無料のWIFIが飛んでいるので

契約がなくても、ちょっとカフェやスーパーに行った時に

WIFIを使って調べごとや地図を使えますが

 

日本だとあまり無料のWIFIがないので

通信の契約がない方だとかなり困ります。

 

都会の方は結構進んできているようですが

地方はまだまだです。

 

「帰国時に思う日本とアメリカの違い」 ~まとめ~

 

どうでしたか?

アメリカでなくても海外に出た人ならば

共感できることあったと思います。

 

これから留学の方は、

上記の違いを意識して海外に行くと

「あぁ、そうゆうことか」と

納得すると思います。(行く国に寄りますが)

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アバター

yousu

アメリカテキサスに留学&卒業後アメリカ現地(アリゾナ州)就職し、その後、9カ月かけて世界25カ国を旅してました。そんな経験を活かし、現在はC#(プログラミング言語)を中心にソフトフェアの開発をしています。

-留学情報
-

Translate »

Copyright© まずここ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.