yousu デイリーログ

こんな症状が出ていたら今の仕事を辞めた方が良い【心編(こころへん)】

転職退職した方が良いかも

皆さんこんにちは、まずここブログを運営している「よーす」です。

 

今日は、このまま今の仕事を続けていていいのかと不安を持っている方や、

転職・退職したいけど理由が見つからない人や一歩踏み出せない人、

なんか最近イライラする、会社に行きたいないなど日々ストレス症状が出ている方に読んでもらいたい記事になります。

 

心と体の2つの面から見て、今の仕事を続けた方が良いのか辞めた方が良いのか見極めていきましょう。

 

今回は【心編】ということで、心の症状から見ていきます。

 

心の症状が進行してしまうと、「うつ」などの心の病気を発症してしまうかもしれません。

そうならないためにもしっかりストレス対策していきましょう。

こんな症状が出ていたら今の仕事を辞めた方が良い【心編(こころへん)】

ストレスが溜まると自分では気づかなくても、

色んな症状が出てくるので、「ストレスなんかない!」と思っている人も

時間を作って日々の自分の思考や自分の感情に目を傾けて欲しいです。

 

それでは、どんな症状があるのか見てみましょう。

ストレスによる心の症状

  1. 最近なんだかすぐイライラする
  2. もっと寝たいなとよく考える
  3. 小さいことが気になる
  4. 喜怒哀楽の感情があまり表に出なくなった
  5. 我慢ができなくなった
  6. 全て捨てて新しい世界に行きたいという妄想をよくする
  7. 極端な行動をとる
  8. 死んでもいいやなど自分の命を軽く考え始める

 

さらにこの症状を重度別に説明して行きます。

軽度の症状

軽度のストレス症状

 

上の症状のうち1~3が軽い症状になると、個人的に感じています。

ただ、人生観によっては「この症状が出ている状態が出ているのは重度だ!」

と感じる方もいると思われます。あくまで個人的な感覚なので、そこはご了承ください。

 

では、この軽い症状ですが

この段階では、まだ仕事を辞めるまでもないかなと思います。

 

しかし、中度重度に発展してしまわないように

この軽度のストレスの時にしっかり対策を行っておくと良いでしょう。

 

ストレス軽度用の対策

ストレス対策

  • たくさん寝る
  • 旅行に行く
  • 友達や会社とは関係ない人と交流をする
  • 自然に触れる。
  • 散歩をする
  • 一人になる
  • ノートに心の状態を書く などなど

 

軽度のストレスであれば、上記のメモの内容のことをすると

発散できるレベルだと思うので、自分にあった方法で対策していきましょう。

 

まだ自分にあったものがわからない人は、

自分が外向的なのか内向的なのかをベースに考えてみるといいと思います。

 

外向的な人は、友達と旅行に行ったり、新しい人と交流したり、買い物したりなど

外に出ることによってストレスが発散できます。

 

逆に内向的な人は、自分の世界に入ることによってストレスが発散されるので

散歩をしたり、一人で旅をしたり、ゲームをしたりすることによって解消されることが多いです。

 

ちなみに私は、内向的なので軽度のストレスが溜まっている時は

一人で出かけたり、一人家で映画やドラマなどを見て過ごしています。

 

ポイント

外向的な人と内向的な人両方におすすめなのが

ノートに心の状態を書くということです。

箇条書きでも、マインドマップでもダラダラ書くだけでもいいので

心の状態を書くことは本当におすすめです。

 

これをやることにより、今自分がどんなストレスを抱えているのかが見えてきます。

そのストレスへの対処方も思いついたりするので、日ごろからノートに心の状態を書くクセをつけるといいでしょう。

 

中度の症状

中度のストレス情報

 

上の症状のうち4~6が中度の症状になると、個人的に感じています。

中度の症状になってくると、自分が普段イライラしているとか疲れているとか

軽度の症状があまりわからなくなってくるレベルです。

 

この症状が出始めているならば、今の置かれている状況を変えた方が良いでしょう。

それが仕事なのか、家庭なのかわかりませんが、

これが仕事であるならば部署変更、転職もしくは、退職を検討しましょう。

 

ただ、中度ぐらいになると今ストレスがあるとわかっていても

それが会社からなのか、家庭からなのかわからなくなってきます。

 

なので、それをはっきりさせるために一度休みを取りましょう

1週間ほどの休みをとれるのであれば、取ってほしいです。

そんな長い休みとれないという方は、金曜日1日だけでも休みにし3連休でもいいので

自分に休みを与えてください。

 

そこで、その連休の間は自分の好きなように時間を過ごしてみると良いでしょう。

 

余裕があるならば、軽度の時と同じように

ノートに心の状態を書いてみると自分のストレス状態がわかってきます。

 

わかると軽度に下げられるかもしれないので、

やはりここでもノートに心の状態を書くことをおすすめします。

 

ポイント

ここでもおすすめは、「ノートに心の状態を書く」です。

 

重度の症状

重度のストレス症状

 

上の症状のうち6~8が重度の症状になると考えています。

6が中度とかぶっていますが、それは間違いではなく重度の症状でも起き得るなと思ったので

わざとかぶらせました。

 

7の極端な行動というのは、正直自分でそんな行動を取っているのか判断できないので

もし周りにそんなことを言われたりしたら、重度に陥っている可能性が高いです。

あとは、キレるというもの極端な行動になります。

 

人がキレるというのは、もうそれだけで大問題なので

すぐにでも環境を見直しましょう。

ちなみに、キレると「あなたは我慢ができないんだね」とか「ゆとり世代は」とかいう人がいますが

キレるのはあなただけのせいで起こるものではありません。絶対。

 

確実に今いる人間関係や環境があなたにあっていないだけです。

なので、仕事でキレたことがある人やキレそうになる人はもうその職場が合ってないです。

 

自分自身前の会社の上司に対して、もう我慢の限界でキレたことがあります。

人には我慢できることとできないことがあります。

 

その上司にとって普通のことでも私には我慢できないことだったので、キレてしまいました。

それに対して、上司は自分は悪くないお前が悪いという態度、

そして一向に改善されることがなかったのでその上司との未来はないと見切りをつけ

退職への一歩を大きく踏み出しました。

 

ちょっと話が長くなってしましたね。

とにかく言いたいことは、

仕事でキレたことがある人やキレそうになる人はもうその職場が合ってないということです。

 

 

8番目のことですが、自分の命を軽く考え始めたら

それは会社をすぐにでも辞めていい理由になります。

 

すぐに辞めましょう。

人生で一番大切なのものは、その会社ではありません。

あなたのかけがえのない命です。

人生は絶対に楽しむことができます。

あなたを追い込む会社にいてもなんのスキルもいい経験も身に付きません。

私があなたの友達なら絶対辞めることを進めます。

もし、その会社の方が引き留めてきても辞めましょう。

引き継ぎ作業ももういいです。

辞めてください。

 

ただ重度の方に辞めるという判断をしろというのは難しいです。

私自身も重度の症状が出ているにも関わらず辞められなかった身です。

 

なので、お願いです。

メンタル系の病院にいってください。

別に精神科をかかったからってあなたが弱いわけではありません。

相談に行くんだぐらいの気持ちで行ってみて欲しいです。

私も行きました。

それによって自分のストレス解消への一歩を大きく踏み出せました。

なので、ストレスが溜まってどうしたらいいのかわからない場合はプロにまかせましょう。

 

友達でもどうしようもなくなっている子がいたら、病院に行くことを進めてみてください。

本当にストレスが重度に溜まっていると次の一手が見えませんので、

周りの助けが必要になります。

 

まとめ

ここまで、ストレス症状の軽度・中度・重度と見てきました。

自分の体験談がベースなので、全然違うという人がいるかもしれません。

もしそうならば、この記事では力になることはできないので

自分が共感できる記事、人から話を聞くことをおすすめします。

 

ストレスを溜めないために変われることやゆずれることであれば、良いですが

人生でこんな生き方はしたくないというのは誰にでもあります。

その自分の人生の指標を踏みじらない会社で働くことが一番大切だと思っています。

 

人生は楽しむところです。

自分にとってどう生きることが心の自由であれるのか

日ごろから考えて、楽しい人生にしましょう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アバター

yousu

アメリカテキサスに留学&卒業後アメリカ現地(アリゾナ州)就職し、その後、9カ月かけて世界25カ国を旅してました。そんな経験を活かし、現在はC#(プログラミング言語)を中心にソフトフェアの開発をしています。

-yousu, デイリーログ
-, ,

Translate »

Copyright© まずここ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.