留学情報 英語学習

アメリカ留学時の英語の発音の大切さ ~留学情報~

以前は、日本人は発音を気にし過ぎてあんまり話せない!

などと発音を気にするのがよくないといったことをよく耳にしていましたが、

最近では、発音を大切にする方が増えた気がします。

 

なので今回は、改めて発音の大切さを確認していきましょう。

アメリカ留学を考えている方は、読んでみてください。

アメリカ留学時の英語の発音の大切さ

 

何を目指しているかによりますが、

留学をしようと考えている人だったら絶対に必要です。

いい発音をすることは、アメリカで円滑に学園生活をするために

必須ともいえるでしょう。

 

もし、別に海外で勉強をするつもりがなく

日本でただ海外の友達を作りたいのであれば

それほど発音を気にしなくても相手側が一生懸命聞いてくれるので

会話が成り立つと思います。

 

しかし、留学しアメリカの学生と混ざって学習をするとなると

話が違ってきます。

聞き入っていない人に対しても

自分の思っていることや意見を伝えなくていけません。

 

なので、できる限り正しい発音をする必要があります。

 

考えて見てください。

同じ日本人でも活舌の悪い人と話すと疲れませんか?

何度も聞きなおさなければいけないし、

何度も聞くのは失礼だから、しっかり耳を澄ませ

内容を想像しながら聞かなければいけません。

これってどっと疲れます。

 

この現象と同じことを現地のアメリカ人の方にさせたくないですよね。

なので、できる限り正しい発音を身につけましょう。

 

正しい発音ができるようになると

英語の細かい音も聞こえるようにもなります。

 

ただここで注意点!

発音を気にしすぎてしゃべれなくなっては本末転倒です。

 

英語の発音勉強を始めるの適切な時期

英語の発音を勉強に一番いい時期というものがあります。

間違った時期に意識過ぎるとしゃべれなくなってしまい

英語の上達を妨げてしまいます。

なので、自分の力を客観的に観察し見極めましょう。

 

フェーズ1:超初心者

本当に始めたばかりの人は、

フォニックスの歌のように英語圏の幼稚園児が聞くような発音のVideoから見始めることをお勧めします。

基礎中の基礎をこの時期に体に染み込ませておくこと!

 

フェーズ2:初心者

中学英語を理解している人。

この程度の英語を知っていれば、日常会話ができるレベルの単語を習得しているはずです。

なのでこの時期の人は、発音を気にせずにガンガンしゃべりましょう!

 

フェーズ3:中級者

日常会話が問題なくできるレベル。

このレベルの人は、海外で普通に生活するぐらいだったら問題ない人。

ただ、仕事をするとなるとまだ力のなさを感じるレベル。

このレベルの人は、ドラマを見ながらシャドウイングし、単語でなくフレーズをきれいに言える練習をしましょう。

ただ、気にしすぎてしゃべれなくなる時は、やめる。

やめて、発音を気にせずに話すスタイルに切り替える。

 

英語勉強において、心が辛い状態になるのはあまりよくないので

無理のない程度に頑張って行きましょう。

 

フェーズ4:上級者

仕事で英語が使えるレベル。

単語量もあり、色々なフレーズを知っていて、現地の文化もわかっている。

このレベルになると、発音できないということが減りますが

それでもたまに通じない単語に出会うはずです。

それがあなたにとっての苦手な単語です

しっかりメモって発音を何度も聞いて自分で発音し、一つ一つ徹底して直していきましょう。

ここで直す単語は、人それぞれだと思いますが、

個人的に「R」「L」が同じ単語内にあるか、センテンスにたくさん入っていると口が回れなくなります。

 

大まかに分けてみましたが、自分のレベルを判断し

そのレベルにあった練習をしていきましょう!

 

英語の発音の上達法

ここでは、先ほど説明したフェーズごとの

練習法を紹介していきます。

 

フェーズ1:超初心者

このレベルの人は、基礎を勉強しましょう!

発音記号の読み方を勉強しておくことはのちのち役に立つのでこの時期にやっておくといいでしょう。

あとは、アメリカの小さい子供が聞くようなアルファべっての歌がいいでしょう。

例えば、こんな歌です。

ファニックス・ソング → https://www.youtube.com/watch?v=S2nRHXPuf1M

これを何度も見て、まずは単語より一文字一文字追っていきましょう!

 

フェーズ:2 初心者

この時期の人は、発音を気にしない時期です。

発音のことなんか考えず、海外の人とコミュニケーションをとっていきましょう!

伝わらないときは、ジェスチャーで乗り切りましょう!

 

フェーズ:3 中級者

このレベルまで上がったら、日常会話もでき自信がついてきた時期でしょう。

この時期に、本格的にシャドーイングを始めるのが効果的です。

ドラマやニュース、ラジオを聞きながらひたすら後からついて発音します。

できれば、トランスクリプトと呼ばれる内容を書き起こしものと一緒に

シャドーイングできると効果が高いでしょう。

テッドと呼ばれるサイトは、いろいろな人のスピーチを聞けトランスクリプトも見れるのでお勧めです。

 

テッド → https://www.ted.com

シャドーイングがわからない方をこちらを参照してください。 → https://eikaiwa-highway.com/what-is-shadowing/

 

フェーズ:4 上級者

先ほども説明しましたが、通じない単語や発音できない単語に出会った時、それが苦手な単語なのでしっかりメモし、調べ、発音記号を見て、発音を何度も聞いて自分で発音し、一つ一つ徹底して直していきましょう。

 

留学時の英語の発音の大切さ ~まとめ~

 

どうでしたか?

必ずしもみんな発音を意識しなければいけないわけではありません。

特に自分のレベルを知るってことがとても大切です。

 

自分にあったレベルの勉強をコツコツしていきましょう!

絶対に英語しゃべれるようになりますよ

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アバター

yousu

アメリカテキサスに留学&卒業後アメリカ現地(アリゾナ州)就職し、その後、9カ月かけて世界25カ国を旅してました。そんな経験を活かし、現在はC#(プログラミング言語)を中心にソフトフェアの開発をしています。

-留学情報, 英語学習
-,

Translate »

Copyright© まずここ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.