留学情報 英語学習

アメリカでのチップの払い方 ~留学情報~

日本ではあまり聞きなれないと思いますが

アメリカではレストランなどに行くと「チップ」の支払いが求めらることが多いです。

 

今回はこの「チップ」について

  • チップってなに?
  • いくら払えばいいの?
  • なんで払わなければいけないの?

という質問に答えながら説明していきたいと思います。

アメリカ留学 ~チップとは~

まず、チップに馴染みがない人のために

チップとはなにか説明したいと思います。

 

まずチップとは、

サービスを受けた際に規定の料金とは別に支払う心づけのことをいいます。

 

この文化の始まりは明確にわかってませんが

始まりは、サービスしてくれた人をねぎらって小銭をあげ始めたのが

始まりだと言われています。

今では、半ば強制という雰囲気がありますが

郷に入ったら郷に従えということで

アメリカにいった際には、忘れずにチップを払ってあげましょう。

 

あっちの人が当たり前と思っている分

払わないとトラブルの原因にもなります。

 

実体験でいうと、

私がお手伝いをしていたレストランでの話ですが

お客さんがウエイトレスに対してチップを払わなかったので、

その子は怒って駐車場までいって

なんで払わなかったのか聞きに行くということがありました。

 

こんなこともあるので、

気持ちよく払うのがいんではないでしょうか

 

チップってどのくらい払えばいいの?

特に決まったルールはありませんが、

レストランでしたら

10%~20%の間が平均ではないかなと思います。

 

個人的には、15%は必ず払います。

本当にサービスがよくて、笑顔も素敵だなぁ~

と思うときは20%以上払いますね。

 

時には、50%ぐらい払うときもありました。

 

ちなみにホテルですが、

最近は払わない人が多いようです。

ましてや、一泊ぐらいの宿泊ならば全然払わなくてもいいと思います。

 

もしも、長く滞在するときは

掃除の人もチップがあった方がより行き届いた掃除をしてくれると思います。

 

同僚の話ですが、

3週間のアメリカ滞在で数日に1回は掃除に入るらしいですが

チップがないと、灰皿はそのままでごみ箱もそのままだったらしいです。

それが、チップを置くとすべて綺麗になっていたそうです。

 

ということなので

長い滞在の時は払った方がいいのかなっと思いますが

別に強制ではありません。

 

チップってなんで払わなきゃいけないの?

 

チップを払う機会が一番多いのがレストランなので

それをメインに話していきたいと思います。

 

まず、レストランで働いている

 

ウエイターウエイトレス

 

この方たちの基本給ってすごい低いんですよ。

びっくりすると思いますが、

$2くらいです。(店によって違います)

 

日本円で200円ほどなので、チップがないと生活ができません。

 

このような理由から

サービスする側はチップをもらえるようにいいサービスをします。

なので払ったあげたほうがいいでしょう。

 

現代では、このチップのシステムって

なんか半強制的なで嫌な感じもしますが

本当に雑なサービスで気分が悪くなったのだったら

払わなくても問題ないと思います。

 

私自身、嫌なサービスをされたときは全然払いません。

 

なので、払わなきゃいけないわけではありません。

ただ、払った方が双方が気持ちよくなれると思います。

 

アメリカでのチップの払い方 ~まとめ~

 

どうでしたか?

日本では当たり前に受けるサービスですが

アメリカでは、そのサービスにお金を払うっと

思ってもらえればいいかなっと思います。

 

日本では、あんなに行き届いたサービスを

追加料金なしで受けられるので

久しぶりに帰るとやっぱり感動しますね。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アバター

よーす

アメリカテキサスに留学&卒業後アメリカ現地(アリゾナ州)就職し、その後、9カ月かけて世界25カ国を旅してました。そんな経験を活かし、現在はC#を中心にソフトフェアの開発をしています。

-留学情報, 英語学習
-,

Translate »

Copyright© まずここ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.