yousu プログラミング

独立したプログラマーが営業代行について考えてみた【フリーランスエンジニア情報】

フリーランスエンジニア

みなさんこんにちはこんばんは、まずここブログを運営しています「よーす」です。

私は、最近個人事業主(フリーランス)として独立しました。初案件も取得でき、スタートダッシュはうまくいっているんではないかと思っています。ただ最近考えていることがあるので、その悩みを共有したいなと思い記事を書いています。

その悩みというのが「営業」です。

独立したということは、自分で仕事を回さなくてはいけません。まだ起業したてなので、社員は自分1人。つまり、「集客・営業・契約・開発・納品・保守」すべてをこなす必要があります。ですがこの中の特に「営業」が苦手なんです、、、

この営業を何とかできなかと考え、「営業代行」というものに辿りついたので、フリーランスのエンジニア視点から考える営業代行について考えていきます!

エンジニアの人は営業が苦手な人が多い

私の統計になりますが、色んな交流会に参加して多くのエンジニアに会ってきましたが、営業も開発も得意な人にあったことがないです。逆に、営業の人の中にも開発もできるって人は少ないように思います。

営業と開発って使う能力が違い過ぎてどっちかを伸ばすとどっちかが下がるような関係性だと考えます。だから、両方が優れている人は圧倒的に少ない。もちろん、両方できる人はいると思いますが、まだ会ったことがないので、かなり少数なのではないでしょうか。

 

結論、エンジニアの人は営業が苦手で営業力を伸ばすより開発技術を伸ばした方がいいと思っています!その苦手な営業は、代行という形で得意な方に任せた方が、多くの案件を取得できるんではないかと昨日思いつきました!そんな自分の思いつきが成立するのかどうか調べていきましょう!

 

大手の営業代行について

調べてみると営業代行をやっている会社って結構あることに気が付きました。世の中知らない世界というのは、たくさんあるんですね。営業代行のサイトを見ていてで思ったのが、まだ自分は独立したばかりだし、正直しっかり自分自身でお客さんと向き合いたいなと思ったのでしばらくは、大手の営業代行はやめておこうという決断に落ち着きました。

価格的にも、まだ大きな案件はないので払ってしまうと手残りがかなり減ってしまうのもやめる理由の一つ。ただ、こうゆものがあるということを知れたのでよかった。

 

もう少し自身の事業が大きくなったら使わせて頂きます!

 

身近な知り合いの営業さんに依頼する

とりあえずは、成果報酬で動いてくれる知り合いに営業の一部をお願いしようかなと考えています。報酬の割合として、こんな感じ↓

 

報酬ステップ

ステップ1:お客さん先に行って名刺を渡す。(10%)

ステップ2:お客さんの業務説明を聞く。自社の業務説明をする。(20%)

ステップ3:私も同行して、お客さんの元に行く。(30%)

 

こんな感じでステップに応じて、プロジェクト報酬から営業に報酬を渡せたらお互いにWinWinかなと考えています。やっぱり、まずは自分の信頼のできる営業さんに頼むのが安心ですかね!

 

まとめ

今日はダラダラと自分の考えていることを書くだけになっていましましたが、こんなやり方をしている人もいるのだと少しでも参考になれば嬉しいです。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アバター

よーす

アメリカテキサスに留学&卒業後アメリカ現地(アリゾナ州)就職し、その後、9カ月かけて世界25カ国を旅してました。そんな経験を活かし、現在はC#を中心にソフトフェアの開発をしています。

-yousu, プログラミング

Translate »

Copyright© まずここ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.