プログラミング

【SAP基礎知識】ERPとは?企業の業務改善

この記事では、「ERPとはなんなのか?」「なんのために導入するのか」「どんなメリット・デメリット」があるのか

自身の勉強を通して学んだことをまとめていきたいと思います。

少しでも、SAPを勉強している方の参考になればと思います。

ERPとはなんなのか?

ERP(Enterprise Resource Planning)とは、企業資源計画という意味になります。

 

現在の企業には様々なシステムやデータがあります。

様々なシステム

  • 販売管理システム
    ‐ 品目マスタ
    ‐ 取引先マスタ
  • 購買管理システム
    ‐ 品目マスタ
    ‐ 取引先マスタ
  • 在庫管理システム
    ‐ 品目マスタ
  • 給与計算システム
    ‐ 従業員マスタ
  • 会計管理システム
    ‐ 取引先マスタ

 

これらのシステムは、各部門の業務効率化を目指してシステム化されてきました。各部門で独自のゴールを目指した作成したシステムのため、互いのシステム同士で情報を共有することができません。現在でも多くの企業がこの共有の部分を人の手作業により行っているところが多いです。

 

この共有化をすすめるものこそが、ERPシステムとなります。

 

これにより、バラバラで管理の難しかったマスタデータを一元で管理できるようになります。

ERPシステム

品目マスタ

  • 購買プロセス
  • 在庫プロセス
  • 販売プロセス

取引先マスタ

  • 購買プロセス
  • 販売プロセス
  • 会計プロセス

 

このようにマスタを一元で管理して、別々だったシステムをERPシステムに置き換え、各システムをただのプロセスというところまで落とし込むことができます。

 

これにより、無駄な処理がなくなり業務効率が格段に向上するでしょう。

 

リアルタイム経営を実現できる

今まで別々に動いていたシステムをリアルタイムで把握しようと思っても、別々のマスタデータを使っていたのでリアルタイムでの把握は難しいとされていました。しかし、ERPシステムで一元で管理することにより企業の現状をすぐさま把握できるようになります。

 

よって、PDCAをスムーズに回しやすくなります。言い換えると計画的な経営が取りやすくなります。

PDCA

  • Plan:計画
  • Do:実行
  • Check:評価
  • Action:改善

 

ERP導入のメリットとデメリット

以上で、ERPについてまとめたのでメリットについても理解した頂けたと思いますが。

改めて簡潔にメリットをまとめていきます。

 

メリット

  • 二重に行っている作業が減る
    上記の説明通りシステムを一元にすることに、マスタをアップデータした時に各システムごとにアップデート必要がなくなり、一元で管理しているマスタのアップデートだけでよくなります。これはあくまで一例ですが、ほかの作業でも同じことが言えるでしょう。

 

  • 集計データの数字のずれがなくなる
    以前のシステムであれば、データを各システムから集め集計してまとめる必要がありました。それだと、作業者のデータの集め方やまとめ方などにより数値に差が出ることがありましたが、一元管理をすれば集計データの作成も楽勝で、しかも数字のずれが出ません。

 

  • 運用管理が楽になる
    以上のメリットにより、単純に工数が減るので運用と人件費が浮きます。

 

デメリット

  • 全体システム像を描くのに時間がかかる
    当然ですが、今まで別で動いていたシステムをまとめるのでそれ相応の時間がかかります。しかも初期の全体像を間違って設計してしまうと後々変更が大変なので、最初の全体像を描くのには時間がかかります。

 

  • 運用後の変更対応に時間がかかる
    全体システム像というものは、組織の合併や分社、法改正などで変更されることがあります。その際に一元管理しているので、ロジックを構築するのに時間がかかります。

 

ERP市場はどうなっているのか?

パッケージを使ってERPシステムの構築が主流

開発費を抑えるために、パッケージを使用して導入が主流になっています。

ERPパッケージ市場

ドイツ

  • SAP社(この市場のリーダー的存在)
    S/4 HANA

アメリカ

  • オラクル社
    Oracle EBS
  • マイクロソフト社
    Dynamics 365 Finance and Operations

日本

  • GRANDIT
  • GLOVIA
  • OBIC

 

データベースのクラウド化

現在では、オンプレミスによるERPシステムの管理からクラウドでの管理の構築・再構築が進んでいます。

 

最後に

前回SAPの記事をまとめましたが、徐々にしてこの業界の全体図がわかってきました。

この調子で、勉強したことをまとめていけたらと思います。

 

ちなみに、以下の書籍にて勉強しております。

図解入門 よくわかる最新SAPの導入と運用 (How-nual図解入門Visual Guide Book)

本書は、より多くの技術者がSAPのビジネスに参加し、
共にERP市場のさらなる成長に寄与していただきたい
との願いをこめて執筆したものです。

Amazon

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アバター

よーす

アメリカテキサスに留学&卒業後アメリカ現地(アリゾナ州)就職し、その後、9カ月かけて世界25カ国を旅してました。そんな経験を活かし、現在はC#を中心にソフトフェアの開発をしています。

-プログラミング

Translate »

Copyright© まずここ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.