youka

コロナウィルスで生活が乱れている今だからこそ大切なルーティン

コロナウィルス(COVID-19)により今まで送っていた生活を送れなくなった今、体や心のバランスを崩す人が多く出ています。

そんな時だからこそ、改めてルーティンの大切さを感じました。

ルーティンはなぜ必要なのか

最近まで体調が本当によくありませんでした。

めまいや胸の痛みが多く、気が飛びそうになることも2回ほど。

そんな状況では、メインであるプログラミングの勉強もままならず、しばらくの間平行線をたどっていましたが、ここ最近体調もよくなり集中力も以前のものに戻ってきました。

 

体調の回復を助けてくれたのが「ルーティン」

 

僕が考えるルーティンとは、その日1日の自分のバランスを整えるもの。

自分との対話の時間のことです。

この時間において、強制力があってはいけません。

自主的で、何かにつながっているものがいいでしょう。

そのつながる先は、自分の望むものならなんでもいいと思います。なりたい自分になるための時間です。

 

僕がおこなっているルーティン

 

ルーティン

1、毎朝トップアスリートだったり、アーティスト、企業家や投資家など頑張って突き抜けた人の動画を見ながら10分ほどストレッチする。

2、昼食後、プログラミングの問題を解く。

 

たったこれだけのルーティンが僕の体調を良い方向に軌道修正してくれました。

1つ目のルーティンは、気持ちを高める&朝体を動かすことにより血流が良くなり目が覚めるし健康に良い。何より努力している人の声を朝から自分の中に流すことにより、その1日を精力的に過ごすことができます。

前向きにもなれるので、健康にもかなり影響してます。(後ろ向きな思考が長い年月続くと本当に病気がちになるので本当注意)

 

2つ目のルーティンは、プログラミングの問題を解く。

来年にはフリーランスで活動するために必要なスキルの向上のために行っています。

仕事やプライベートで開発しているので、昼食時まで開発はしたくないのでPaiza(https://paiza.jp/)の問題を気分転換に解いています。ここで扱われている問題は、開発スキル用というより、アルゴリズムなどの考え方を学べます。開発とは違う脳を使うので、気分転換には持ってこい。

これが僕の行っているルーティンです。

 

ルーティンによる効果

僕の中でこのルーティンがあることは、健康的にも精神的にも効果抜群です。

ちょっとした時間ですが、この時間に自分の中のリズムを整え、頭の中にあるバラバラな気持ちを整理してくれます。

バラバラな気持ちが整理されると自然に前向きになれるので、ストレス耐性もあがり、病気になりずらくもなります。

 

コロナ自粛により、今までとは違う生活を強いられる今だからこそ、精神的に体調を崩す人が多く出ていると思うので、ぜひなにか自分のやりたいことを1日のルーティンに入れてみてはどうでしょうか?

 

まとめ

ルーティンを持つ大切さと簡単なルーティンの作り方が少しでも伝わったら幸いです。

ブログ書くのももっとルーティン化できるように頑張ります!

では、See you later!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アバター

youka

アメリカテキサスに留学&卒業後アメリカ現地(アリゾナ州)就職し、その後、9カ月かけて世界25カ国を旅してました。そんな経験を活かし、現在はC#(プログラミング言語)を中心にソフトフェアの開発をしています。

-youka
-

Translate »

Copyright© まずここ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.